FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
千葉県香取市の「道の駅くりもと」の近くのこの建物は二本の煙突が屋根から立ち上がっていることでも目を引く。

恋する豚研究所
千葉県香取市沢2459-1
TEL:0478-70-5115



resize2805_20180101142620c87.jpg
二本の煙突と大量に積まれた薪が印象的な巨大な建物

階段(エレベーター)で二階のエントランスの中に入ると、ホールにはシェーカーストーブが設置されている。その奥の事務所にも同様に薪ストーブが設置されている。

「豚に恋する」のではなく「豚が恋する」という趣旨のネーミングだ。発酵食品を餌として健康に育って恋をして育った健康な豚を食材とした、ハム、ベーコン、ソーセージなどの加工食品や、生肉を商品として販売しているだけでなく、食堂ではしゃぶしゃぶやすき焼きなどのランチも楽しめる。

resize2804_20180101142617032.jpg
食堂とお店は二階にある

resize2795_20180101141642e17.jpg
二階ホールには薪ストーブ

resize2793_20180101141640361.jpg
事務所にも薪ストーブ

残念ながら食堂には薪ストーブは設置されてないことと、薪ストーブだけで暖房しているわけでないので必ずしも常時薪ストーブに火が入っているわけではないけど、補助金で障害者を雇って雇用を確保しつつ、里山を手入れしながら薪を作っていくという理念を実現しようとしている姿勢はこの建物から感じられる。

ある程度の資金力のある老人介護施設を運営する社会福祉法人だからこそできる事業だけど、このような仕組みが上手く回って進んでいくと良いと思う。

resize2806_20180101142621245.jpg
食堂では軽食とランチを楽しめる

resize2798_20180101141644f99.jpg
ユニークなネーミングとフォントの看板が目を引く

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2029-88919989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック