春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブを焚いていると、燃焼にともなって炉内の薪がずれたり、落ちたりして位置が変わってくる。そんな時に放置しておいても、最終的には燃え尽きるけれど、そのままにしておくと低温になり燃焼効率が悪くなる。

全く同じ薪でも、組み方次第で明らかに炎の色や揺らめきが違ってくる。高温で効率良く焚くのがポイントだ。薪も人もそれぞれ単独では燃えられない。寄り添って接することによって、綺麗に燃えるのだ。

resize0692_20130420154527.jpg
このように薪同士が離れて平行になっていて接しない状態だと煙も多くなるし、燃焼効率も悪くなる

resize0691_20130420154602.jpg
ちょっとずらして薪同士が接するようにしてやるだけで、良く燃えてくれる

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/201-829efe23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック