FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築で薪ストーブを設置する場合には、建築前の設計段階から相談を受けた場合には、壁面の炉壁の上部分の煙突が来る部分に煙突固定のための下地を入れてもらっている。この部分で煙突を固定すると、しない場合と比較して、薪ストーブがかなり安定する。内装壁面の施工前であれば比較的簡単でローコスト(適切な時期に指示すればほぼ無料)で実行できる。

内装工事が終わってしまうと、一度施工した石膏ボードを剥がす必要があり、費用、手間、工期の問題から現実的ではなくなってくる。

resize2601_201712010914484c1.jpg
※かわはら式耐震煙突固定法を採用

※詳細はこちら→https://kawahara-stove.com/3pr_inst_feature/earthquake_resistant/



resize2602_20171201091451702.jpg
下から口元→ダンパー付き二重断熱煙突→断熱二重煙突(ここを固定)→スライド二重断熱煙突→二重断熱煙突の順番

十分に広い炉台、必要十分な炉壁で、理想的な設置ができた。

安心、安全の薪ストーブ設置工事を考えている場合には、住宅の設計段階から声をかけて欲しい。同じ費用をかけるのだから、なるべく妥協の少ない設置をしたい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1995-868f137c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック