FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
まずは煙突の芯の位置を正確に屋根の上に出す。アスファルトシングルの場合には、屋根裏から煙突芯の位置でドリルで穴を開けてしまうのが手っ取り早く確実で正確だ。

次にそして雨仕舞いの金物のフラッシングの実物を所定の位置に当てて四隅を養生テープでマーキングする。

アスファルトシングルを剥がしていく作業だけど、必要以上に広げないように注意する。フラッシングをアスファルトシングルの下に差し込むので、その差し込み代を確保しつつ必要十分な部分だけを剥がしていく。接着剤でルーフィングにくっついているので、慎重に行わないと、屋根材を破壊してしまうので繊細さも要求される。しかしながら、同時に、ある程度大胆にも、やらないと剥がれてくれないので、なかなか力の加減が難しい。

resize2536_2017111519482644b.jpg
アスファルトシングルを剥がす工具を使って開口部分を取り除く

resize2534_20171115194825801.jpg
所定の寸法で開口(※垂直方向からの透過で一辺450ミリ角の正方形)

※屋根の勾配によって、実際に野地板の切断は450ミリ×550ミリなどの長方形になる

resize2532_20171115194820cca.jpg
ルーフサポートの金具を使って、煙突の垂直性を確認してから野地板に固定

resize2535.jpg
開口部分の淵や、サポート金具の下地部分はベニヤだけでは不安なので補強した

resize2531_201711151948184ff.jpg
無事に煙突工事完了♪

新築住宅への煙突設置であれば、このように屋根材を剥がす作業がなく、煙突を固定して、フラッシングを取りつけてから屋根材を葺いていけば良いので合理的で楽なのだけど、既存の屋根への煙突設置の場合は、とても難しい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1981-7e648256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック