春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
普通は上棟して骨組みが見えて、野地板やチムニーの作成が済んだ時に現場打ち合わせをするケースが多いけど、この現場の場合には炉台の基礎もコンクリート打設するので、この段階で打ち合わせしてきた。

床下からの外気導入ダクトの埋設などもあるので配管ルートや炉台のコンクリートブロック基礎を積む位置、サイズなどを重点的に話してきた。(煙突固定金具の下地の位置の打ち合わせは上棟後に行う)

resize2397_201710131115450e1.jpg
薪ストーブ設置位置は建物の中心付近なので外壁から外気導入はできないので床下から確保する

resize2399_20171013111550ed5.jpg
基礎全景

resize2398_20171013111547881.jpg
この段階から十分な量の薪が、しっかりした薪棚に確保されているわけで、薪ストーブライフの成功は約束されている

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1946-42dbd979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック