FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
原木を切って割って自分で乾燥させる場合には北側の日当たりの良くない場所は、あまり条件が良くないので、なかなか乾燥が進まなず、お勧めできないけれども、購入した乾燥薪の保管場所としては、雨が当たらなければ良いので問題ない。

resize2383_20171011150312476.jpg
荷台に積んだ即戦力の乾燥薪を一輪車に移動

resize2382_201710111503196d0.jpg
庭の小道を一輪車で薪を運ぶ

resize2384_20171011151252666.jpg
お庭のグランドカバーの青い花が綺麗だった

resize2385_2017101115211890a.jpg
北側の物置の小屋の後ろに積んでいく

resize2384_201710111517411e0.jpg
軒の懐が深いので雨に当たらないで保管できる

犬走りと砂利のため雨の影響も少ないので、本格的な薪棚を作らなくても問題ない。

薪の乾燥を安易に考えている人も多いけど、乾燥不足の薪を焚いても暖かくならないし、煤や煙が大量発生するし、薪ストーブを痛めるし良いことは何もない。なるべく乾燥した薪を使えるように、それぞれの環境で工夫しよう。どうしても乾燥薪が入手できない人は相談に乗る。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1943-2df67744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック