春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize2363.jpg
メーカーの仕様では可燃壁まで150ミリの離隔距離でOKだったので、当初は馬鹿正直に信じて、その指定通りに設置した

resize2364_201710081825413ca.jpg
炉壁なしで、すっきりシンプルに納まってオシャレな空間になった

でも(取り扱い説明の時に)実際に焚いて様子を見たら、後ろの壁面が熱くなってちょっと不安が残る状態だった。このまま継続して使い続けるのは、いくらメーカー指定を守っていたとしても気持ち悪い。

そこで、安全、安心のために、空気層を確保した炉壁を作ることにした。

薪ストーブを設置する前に炉壁を作れば楽なのだけど、設置したこの状態で作成するのは困難だ。簡単には薪ストーブをどかせない状態なのだ。まず重さが半端じゃないし、形も円柱状で持つところがないので簡単には移動できない。下手に動かしたらあちこち傷だらけになる。しかも目視できない背面のカバーを取り外して手の届きにくい狭いスペースに外気導入の配管がされていて、その取り外し、再取り付けも困難を極めるので、動かす状態にするのは現実的ではない。

そこれで、あらかじめケイカル板に空気層を確保した骨組みを入れて作成して、珪藻土を塗ったユニット式の炉壁を作って、現場に搬入して両面テープと接着剤で壁面に固定する作戦を取った。(鉄板を置くのが簡単なんだけど、デザイン的に施主さんが好みではないということで却下になったし、私も個人的には鉄板の炉壁はあまり好きではない)

resize2366_20171008182544ada.jpg
あらかじめ作成したユニットを現場に設置

resize2365_20171008182543d80.jpg
設置当初のイメージを壊さない、既存の壁面と一体化した珪藻土の炉壁

このように、かわはら薪ストーブ本舗では、薪ストーブや煙突の設置工事だけでなく、炉台、炉壁工事も行っている。この場合の平均予算は平米単価で3万円程度を見ておいて欲しい。

時間と手間をかければDIYでもできる分野なので、自分でやりたい人には指導する。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
残念だなー
きれいなリビングとキレイなSCAN85のモダンデザインがちょっとだけダサクなっていまうのは少し残念ですが仕方無いよね!



鋼板製の薪ストーブの輻射熱はハンパなく大きいからね
2017/10/13(金) 12:17:18 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

それほどデザインを損なわいで、すっきり仕上がったと思いますが、ださいですか?
2017/10/13(金) 12:56:56 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
もとがスゴくオシャレ。        カラーとデザインがとてもスッキリしてたから、多少は⬇かと。 デザインは後付けして前を上回らないのは川原さんの所為ではないしね!        
2017/10/13(金) 16:12:59 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
背の高いモダン薪ストーブの苦労
高さとか相当にある分、炉壁素材とデザインが高級感のSKANとの相性には神経とコスト使いますよね。
2017/10/13(金) 16:16:35 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

この現場で、できる限りのことはしたと思ってます。
2017/10/13(金) 17:57:57 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1942-09f8b77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック