春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize2208_20170909143712949.jpg
シングル部分の継ぎ目の隙間から煤がこぼれ落ちるのを防止するためにマスキングテープでふさぐ

resize2207.jpg
バッフル板を取り外せるタイプなので、炉内に煤を落とし、ビニール袋で回収する

resize2209_201709091437126c0.jpg
量はカップ一杯分と、それほど多くなかったけど、煙突内にコーティングされたタールが剥がれ落ちたような光沢系、フレーク状系の煤だったので燃焼温度が低いと判断できる

より上手な使い方を案内してきた。きっと今シーズンは、量、質ともに改善されるだろう。私の場合は煤の状態からたとえ量が少なくても「上手に焚けてますね~」みたいなお世辞は言わないで、正直に伝えている。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1908-1543e5f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック