春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
完成見学会の前日なので、左官屋さん、電気屋さん、大工さん、サッシ屋さん、塗装屋さん、ハウスクリーニングが突貫工事で入り乱れる物凄い状況の中での薪ストーブ設置工事だった。動線も厳しいし、作業場所の制約もあって、単独の工事と比べて大変だったけど、問題なく完了した。

resize2112.jpg
まずは化粧板を取りつけてから、煙突を伸ばす

resize2111_20170818210811681.jpg
2Fリビング設置のため、クレーンでベランダまで吊り上げる

resize2114.jpg
お約束の「かわはら式耐震煙突固定法」(※)で設置

※低い位置で煙突固定 & 固定の上でスライド煙突を使用

今回は鋼鈑製で脚が本体と一体化しているモデルで、なおかつメンテナンスの際に炉内のバーミキュライトを取り外して、簡単に煤を回収できる機種のため、煙突をバラす必要がない。この設置方法のメリットを最大限に生かすことができた。

なお、この新築の現場は、薪ストーブのプランニングや設置工事だけでなく炉台工事も、かわはら薪ストーブ本舗で行ったので、思い入れが深い。

resize2113.jpg
キッチンからの眺め

resize2115.jpg
完成見学会の際に名刺とカタログを置かせてもらうことになった



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1891-6d04fdc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック