春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
他社での炉台、炉壁作成の際に、石やタイルをボンドで貼り付けている現場をよく見かける。工務店に依頼して、薪ストーブの知識のない左官屋が下請け作業するので、熱のことを全く考えていないのだろう。炉台、炉壁周りの場合は100℃以上の熱に耐えられる仕様で考えることが必須だが、そこまで配慮せず安易にボンドで貼り付けて、熱で変質してしまい接着力が落ちて、やがて剥がれ落ちるというメカニズムだ。

接着剤を使うことによって、手間や工期が省けて、サクっと終わるし高度な左官の技術が不要になることから、熱に弱いと知っていても、後のことを考えてないのかもしれない。(下請けの立場だと元請けから言われたままの工期、仕様でやるのが重要)

しかし、かわはら薪ストーブ本舗で直接受注した炉台、炉壁作りの場合は工期や工法も妥協しない。提携している信頼できる左官屋さんがいるので、共同して過去の経験から考えられるベストの施工を行っている。

いきなりモルタルでベニヤにタイルや石を貼り付けずに、下地調整剤のカチオンタイトをまずは塗る。これにより下地とモルタルの剥離の防止になる。この工程を入れることによって乾燥時間が必要なので、工事は一日でサクっとは終わらなくなるけど、長い目で見た安定性を重視している。石貼りは下地調整材が乾燥&硬化してからなので、翌日以降の作業になる。

resize2041_2017081314362048f.jpg
いきなりモルタルで貼り付けないで、初日に下地調整剤のカチオンタイトを使う

resize2040_20170813143614a58.jpg
材料の配合終了

resize2042.jpg
約1ミリ厚で平面に塗っていく

resize2043.jpg
この工程を踏むことで、モルタルや石の剥離の防止になる

resize2044.jpg
初日の作業はここまで

なお、千葉県市川市のこの現場の完成見学会は今週末、8月19日(土)、20日(日)だ
(薪ストーブ設置は、その前日の18日(金)に行う予定)

完成見学会の来場希望者は工務店サイトから要申込
http://www.nakano-komuten.co.jp/openhouse.html

※申込締め切り 17日(木)15時




ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1884-63d98dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック