春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
梅雨明けして本格的な夏がきた。ウッドデッキに設置してある、薪ストーブのホーローの緑と、植物の緑のコラボの季節だ。

これだけ暑いと、なかなか薪ストーブに火を入れる気にもならない。BBQの時のコンロとして時々使う程度になる。冬場は薪ストーブで沸かしたお湯を使うけど、この時期はガスや電気が熱源なので、コーヒーの味も、少しだけまろやかさに欠けるが、それでも十分に美味しい。

今年の上半期も既に終わっていて、その時にはバタついていて振り返る間もなかったけど、コーヒーを飲みながら、ふと考えていた。

今年の1月から、かわはら薪ストーブに初の従業員が入って、育ててきたけれども、半年間で個人的な事情によって突然去って行った。やる気と根性もあったし、料理という特技、人当たりの良さや接客能力もあったし、将来設計も感じられたので、今後を楽しみにしていただけに、とても残念だったし、がっかりした。

もし彼がまた戻ってきたいと思ったら、その時に状況が許せば、受け入れようと思っている。冬が本番の薪ストーブ店だから、季節労働者のように冬だけ働くのもありかもしれない。せっかくの縁なのだから、大切にしていきたい。

コーヒーの淹れ方とか、料理の基本など、私が知らない世界を教えてくれて感謝している。

そんなことを思いながら、過ごした朝のひと時。

resize1837.jpg
ショールームのテラスには朝顔が咲いている

d0b4fb96bf30e70212e88522cd65ff54.jpg
緑のカーテンを眺めながらの朝のコーヒータイム

1c78e62e4b5fc0039cabaffd5f862e5c.jpg
注ぐお湯の量はビーカーで正確に測る

17cd56ab71c58002f1a74de2ef3b1e87.jpg
適切な蒸らし時間を確保した後、ハンドドリップで丁寧に淹れる

2ea73dd561218d90aa7eb02b182822b1.jpg
ハンドミルでじっくりと挽く

05b0bb1c92de3850b9d26dd6a35874cf.jpg
とっておきの生産国だけでなく個別の農園までトレースできている、取り寄せ、焙煎したてのスペシャリティーコーヒー豆

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
人生は思い出が大事。         幸せはそこにある!          川原さんはその思いを大切にして!                       人間交差点、それぞれありますよね。
2017/07/23(日) 09:20:18 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

心のこもったアドバイスをありがとうございます。
2017/07/23(日) 09:46:44 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
感じの良い青年でしたね。
小さな事業者にとって、最初の一人を雇うハードルはとても高く、まして、その人が一人前になるのは、とてもとても難しいことと思います。
また、一人前になれば、顧客を奪って独立したりする、そういう人もチラホラいるし、そこまでのタマでなくても、集金をごまかしたり、まあ、本当にいろいろな人がいます。
おそらく夫婦や親子、親戚ではない、赤の他人を雇うこと、これが一番商売の難しいところじゃないかなと思います。
2017/07/23(日) 15:24:11 | URL | shige02 #LkZag.iM[ 編集]
shige02さま:

実際に会ったことのある人だと、雰囲気も解りますからねぇ。

人を雇うのって、本当に難しいですねぇ。
2017/07/23(日) 16:03:05 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1862-9d8f051d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック