春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ロッド式のブラシと違って、チムニーボールは屋根の上で部品を継ぎ足したりする必要がないので、最低限の道具の量でシンプルに簡単に作業できる。

チムニーボールが快適に無難に使える現場は、煙突がストレートで煤を炉内に落としてしまうことができる状況のところだ。折れ曲がりがあると、ブラシが通過できないし、煙突を取り外してビニール袋で煤を受けるような現場だと、それを突き破ってしまって部屋が煤だらけになるリスクもある。

resize1620_20170624134446eef.jpg
屋根の上に多くの道具を持っていく必要もなく、継ぎ足しの手間もなく手軽に作業できるチムニーボール

resize1624_20170624134451c7c.jpg
煙突の先端から落としていく

resize1623_20170624134450f63.jpg
この状態で手を紐から手を離すと、錘が重力で鎖の部分だけ落ちて、その反動でブラシが進む

resize1619_20170624134445a26.jpg
炉内まで錘が到達して、煙突の中が綺麗になる

1回下まで通すだけで、概ね綺麗になるが、3-4回通せば、ほぼ完璧だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1839-09b7c353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック