春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
排気温度を下げずに強いドラフト(上昇気流)で安定燃焼させるために、シングル煙突から二重断熱煙突に入れ替えて、風圧帯の対策で煙突を2メートル延長したので、今回はこれまでついていなかったダンパーをつけた。

シングル部分にDIYで取りつける後付けパーツもあるけど、今回は高木工業製の二重断熱煙突なので、ダンパー付きの二重断熱煙突も選択可能だった。メーカー製のため、造りもしっかりしているし、安心感がある。

resize1525_20170617130042016.jpg

resize1526.jpg

ガツンと焚いて、炉内の温度がしっかりと上がって、熾火がたっぷりできた状態でダンパーを閉じてやれば、燃費が向上する。使い方が判らない場合にはダンパーを開いておけば、ついてないのと同じで、取り付けるデメリットはないので、CB機で燃えすぎる傾向のある機種(※)の場合には、最初から注文してつけておくことをお勧めする。

※CB機でもダンパー不要の機種もあり一概には言えないので、施工店に相談しよう

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1832-5745977f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック