春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の吹き抜け部分をシングル煙突から二重断熱煙突に入れ替えた案件は、室内側だけでなく屋外側も、相談を受けていて、別途工事で対策していた。

もし新築時から、薪ストーブ導入のコンサルをさせてもらっていれば、最初から以下の写真のような煙突の提案をしたけど、今回は他社施工でフラッシングで、ちょこっとだけ屋根上60センチ程度だけ立ち上がっている状況だった。そのため、屋根と屋根の谷間に溜まった煙が隣の家に吹き降ろしてしまって、「近隣から苦情をもらって薪ストーブが使えなくなってしまった」ということで相談を受けた。

こういう場合には、物理的に煙突のトップの位置を風圧帯を避ける高さまで上げるしかない。フラッシングの場合には煙突の高さを稼げないので、チムニー作成するしかない。雨仕舞いに有利なのは角トップだけど、今回は苦情対策なので極力高さを稼ぐために囲いフラッシングでチムニー上からさらに1メートル伸ばす提案をした。

resize1518.jpg
チムニーで高さを稼いで、囲いフラッシングでさらに伸ばして、教科書通り棟より高いトップ位置にした

resize1517.jpg
当初より2メートル高い位置にトップを設定

この対策により苦情は解消して、また使えるようになった。

薪ストーブの煙突設計の際は、自宅のみでなく、周辺の環境も十分に考慮に入れる必要がある。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1831-986165d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック