春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
室内側が全部シングル煙突と二重断熱煙突では、明らかに燃焼効率が違う。煤の付着量、焚き付けのしやすさ、空気の絞りやすさなど、性能面では、あらゆる点で後者が優れる。

数年使った後の入れ替え工事なので、必ず、この冬からユーザーは「やって良かった」と実感するだろう。これまで数件同様の入れ替え工事をしてきたけど、焚き付けの瞬間から、すぐに実感してくれているので、私も自信を持ってお勧めできる。

シングル煙突しか使ったことがない人は、「それなりの燃え方」が当たり前になっていてあまり実感しないと思うけど、明らかな違いがある。もし入れ替え工事をしても、効果が体感できない場合には、全額返金して元に戻しても良いくらいだ。その場合は、シングル煙突を捨てずに保管しておいて欲しい。

これまでメーカー不明の高木工業以外の既存煙突だとコネクター形状が合わないで、引き受けるのを躊躇してしまっていたけど、他社製から高木煙突への変換アダプターができたので、これを使えば互換性を気にしないで高木煙突を使える。

resize1441_2017061414352918b.jpg
よくある、室内の吹き抜け部分オールシングル煙突施工の現場

resize1433_201706141435238ad.jpg
口元までオール二重断熱煙突に入れ替えた

resize1437_20170614143528884.jpg
シングル煙突を撤去するとメーカー不明の二重断熱煙突のコネクターが出てくる

resize1436_20170614143526ae2.jpg
他社製→高木煙突変換アダプターを取り付けてコネクター形状の違いを解消

resize1435.jpg
口元までオール二重断熱煙突&ダンパー付きの二重断熱煙突の仕様にした

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1823-f54f11d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック