春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
玉切りをする際に、長さを揃える必要がある時に、メジャーやバカ棒、ガイドバーを定規代わりに使うケースが多いけど、これはホイール式でコロコロ転がすことで、一定間隔でマーキングできるツールだ。オプションで交換したホイールの直径で玉切りの長さが決まってくる。単純明快な仕組みだ。

resize1374.jpg
丸太の上を転がすと一定間隔でマーキングできる

resize1373.jpg
付属のホイール(玉切り40センチ)とオプションの玉切り35センチのホイール

resize1372_201706061627499be.jpg
色んな長さのオプションのホイールがある

resize1370_20170606162746a24.jpg
シンプルで判りやすい構造

resize1371_20170606162747e65.jpg
1回転ごとに、この突起がスプレー缶を噴射させる

この商品は、大量に薪作りをする薪屋さんや、薪作りが趣味になっているヘビーユーザー辺りがターゲットで、あまり一般的な人のニーズはないとは思う。

単純な構造なので真似して作って、ブログやSNSなどで自慢する人もいるかもしれないけど、USパテント商品なので、バレたらアメリカから弁護士が賠償金請求に乗り込んでくるだろうから、止めておいた方が良い。

この商品、1万円だったら買う人いるかなぁ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
久し振りにコメントさせていただきます。
この道具、確かに面白いですね。あれば役に立つとは思うけど、1万円出すかと言えば、出せないかもしれませんね。私の場合、初心者の時はバカ棒を作って測ってましたが、今はチェンソーのガイドバーで測るのが、一番簡単で間違いないと思ってます。
2017/06/13(火) 13:20:13 | URL | クボタ #TQca9Ju6[ 編集]
クボタさま:

率直な感想ありがとうございます。

私も通常ならばガイドバーを定規代わりで十分だと思います。

大量に生産する薪屋さんとか、複数の人数で作業してガイドバーの長さがまちまちだったり、作業者のスキルがバラついてる時などには便利かもしれないですね。
2017/06/13(火) 13:59:26 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
自分のニーズが特殊なのかもしれませんが、Mingoは便利だと思います。
というのも、玉切りをする際に、100%チェンソーでしないのです。
例えば、1mだとか、ある程度の長さにまでは切るのですが、それ以降は、プロセッサにかけるので、今なら33cmで作っているので、33cmの倍数で切りたいわけです。
まっすぐになっている部分は切る必要が無いので、曲がっている部分で切る場合、ガイドバーでは用をなしませんので、FRPポール(しなって曲がっている原木にそって素早く図れる)でやってます。
Mingoに33cmのホイールがないからなんですが。
まあ、1万円以上出すという人はめったにいないと思いますが、おっしゃるように、大量に作る際には便利かと思います。
あと、Makerでなくて、Markerなんです、これ。
2017/06/13(火) 20:37:12 | URL | shige02 #LkZag.iM[ 編集]
single02さま:

あ!タイトル誤訳ですね。補足ありがとうございます。
2017/06/14(水) 06:45:52 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1819-223317a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック