春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
私が初期の設計段階からコンサルさせてもらう場合には、煙突トップへのアクセスをいかに容易にするかを重視している。具体的には梯子をかけることなく、気軽に煙突トップに行けるような方法を考える。

安全にラクにアクセスできれば、ユーザー自ら、煙突掃除やメンテナンスができるので、大幅にランニングコストを減らすことができるだけでなく、その年の煤の量や状態を直接自分で把握できるので、上手な焚き方ができるようになるし、薪ストーブへの理解や愛着がより深まる。

今回の都内の住宅も高基礎、GLから遥かに高いところが屋根なので、二連梯子をかけることもできない環境なので、煙突トップへのアクセスルートはこだわり抜いた。

resize1364_2017060616020965b.jpg
建物の全体像

resize1363_20170606160207378.jpg
リビングに接した二階ベランダの上にさらに、屋根に出るための三階ベランダを設定

resize1362_20170606160205512.jpg
備え付けの固定梯子を上がって屋根と同じレベルまで行ける

resize1361_20170606160203b56.jpg
三階ベランダの側面の手すりの隙間から歩いて屋根に出られる設計

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1817-86df6385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック