春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
都内の古民家リフォームの現場も、いよいよ完成日が近づいてきた。今週末には、完成見学会も予定されているようだ。それを前に薪ストーブ設置工事に行ってきた。

この現場では、これまでの経験を元にして、考えられる限りの地震対策を施した。

1.鋼鈑製で脚が本体と一体化している機種を選択
2.脚部をアンカーボルト、L字金具で炉台に固定
3.メンテナンス性が良く煙突取り外しの必要のない配管
4.炉壁のすぐ上で、スライド煙突も含めて壁面内の木下地に固定して転倒防止



resize1347_20170606141144bfb.jpg
炉台に振動ドリルでアンカーボルト挿入用の穴を開ける

resize1346_201706061411436ac.jpg
アンカーボルトを埋め込む

resize1345.jpg
薪ストーブの足にL字金具で固定

resize1343.jpg
煙突口元付近で、かわはら式耐震煙突固定法で転倒防止

resize1344.jpg
上下からサンドイッチ状態でガッチリと固定して、全体重をかけて勢いをつけて揺さぶってみても、ビクともしない設置ができた

誤解のないように補足しておくと、この対策をしたから「どんな地震が来ても絶対に大丈夫!」と保証するものではない。現時点で私に考えられる最善を尽くしたというだけだ。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1813-8acdc3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック