春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
屋外の冷気と、室内の暖気がフラッシング一枚だけの隔たりを持つと、温度差で内部が結露する。冷えたビールやアイスコーヒーのグラスの表面が結露するのと同じ理屈だ。この現象が発生すると、ひどい場合には室内側に雨漏れでもないのに、水の滴が垂れてくることもある。

このことを防ぐためには、断熱材を入れるのが効果的だ。

resize1253_20170517220925878.jpg
フラッシングの三角錐の内側部分にセラミックスーパーウールを詰め込んで、結露防止

resize1252_201705172209241c9.jpg
隙間なく、みっちりと詰めていく

resize1251_201705172209232f3.jpg
着々と進行中

resize1250_20170517220920181.jpg
最終的に貫通部分全てに充填する

resize1249_20170517220919c8e.jpg
化粧板でカバーして完成

resize1254_201705172216372cb.jpg
難易度の極めて高い配管ルートだったが、無事に完了してホッとした

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1799-7ec77596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック