春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
これまで、かわはら薪ストーブ本舗の新人スタッフの研修として、何度か薪ストーブ設置工事や煙突工事の現場に連れて行っていたが、その時には基本的に、私が作業して、スタッフには見せながら説明をしていただけだった。

今回は、私は一切手出しをしないで、指示だけをして、スタッフに全部作業させて、私が目を離さないで確認するというやり方にした。二人で現場にいる場合、一人が部材を持って、もう一人がビスで固定すれば、早いし、ラクなのだけど、そういう恵まれた状況ばかりとは限らない。少し厳しいようだけど、一人で確実にやらなきゃならない状況にも対応できるように教育している。

resize1210_201705111505402e3.jpg
チムニー天端の開口部分に固定金具を取り付け終わって、下げ振りを垂らしたところ

resize1209_20170511150538290.jpg
チムニー天端の固定金具の真下に、チムニー下端の固定金具が来るように、チムニー内壁からの離隔距離を確認中

resize1208_20170511150536199.jpg
上下の固定金具が同一垂直線上に取り付けできた

resize1203_20170511150535f80.jpg
煙突を固定金具に通してからビスで止める

resize1202_201705111505346b3.jpg
煙突の垂直性の確認中

急ぐわけでもないし、他の職方とのバッティングもなかったので、私は自分でやりたくなる衝動を抑えつつ、時間をかけてゆっくりと進めていった。

ゆっくりだけど、丁寧な作業で、何の問題もなく、無事に完了した。

これで、次回は指示なしでOK?

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1787-b43a00f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック