春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
7月1日にエイコーテレシスから発売予定のハンターストーブ『アスペクト』のテストバーンは、午後3時くらいにスタートして、翌朝の午前6時くらいまでの約15時間かけて行った。その間、ありとあらゆる状況で焚いて、燃え方や熱の出方などを体感した。

途中で、腹もすくので、食事も基本的にはアスペクトの熱源で行った。

resize0913_201704081455448fe.jpg
カンパイエールで乾杯の後は、新潟のお酒を利き酒した(同じ酒蔵で、米や麹が違う3バージョン)

resize0912_201704081455434fa.jpg
熾火の炉内に五徳と土鍋を投入(背が高いのでバッフル板とも干渉せずに使いやすい)

※10インチのスキレットやダッチオーブンは楽勝で入るので、炉内調理もバッチリだ。天板も300℃近くまで上がり、クッキングストーブとしても活用しやすい。縦型モダンタイプの小型ストーブは料理するのが難しいものが多い中で、この機種は例外的に、その気になれば、かなり料理に使えることも特筆すべき特徴だ。

resize0914_20170408145547c27.jpg
日本酒に合わせて炉内で作った鍋

resize0916.jpg
炉内の熾火を七輪に移して、岩塩プレートでBBQ

resize0915_20170408145548691.jpg
アスペクトのオーロラ炎を眺めながらの食事

resize0917_20170408151806348.jpg

輸入元のエイコーテレシスの営業さんのブログの記事でも、この日の内容について、触れられている。
http://stoves-salesman.blogspot.jp/2017/04/blog-post_76.html?m=1



翌朝の朝食の時には、アスペクトの炉内の熾火を時計型ストーブに移動して、薪を燃やして土鍋ご飯を炊いた。(朝ご飯まで炉内で焚くと、撤去する時に十分に本体が冷えなくて車への積み込みが大変なので)



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
選択肢がまた増えて悩ましい…
実は私、こちらとエイコーテレシスの営業の方のブログ双方の愛読者です(^^ゞ。

ハンターストーブについて、双方のブログを読めば、かなりの情報を得られると思ってます。
2017/04/15(土) 12:18:23 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

あっちも、こっちも、ご愛読ありがとうございます。

今はネットでそれなりに情報が得られますから、便利ですよね。
2017/04/15(土) 14:19:02 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1755-f92e20b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック