春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
7月1日に発売予定のハンターストーブの『アスペクト』は小型モデルだけど、縦型で炉が広くて、ガッツリたくさん薪を入れることができる。炉内の高さを生かして薪を一気に入れて途中で薪を追加投入しないで済むようにした。今思えば、縦に薪を置いてスムーズに着火できたろうけど、普段、横長の炉内の機種を使っていると、そういう発想が出なくなる。

resize0902_20170408140650160.jpg
上から着火方式で焚き付け開始

炎が立ち上がったら、すぐに扉をきっちり閉めても、大丈夫。扉を少しだけ開けて空気を送り込んでやらないと良く燃えないみたいな、気密性の高いストーブにありがちなテクニックも不要で簡単だ。

resize0900_20170408140647811.jpg
順調に燃えていく

resize0899_20170408140646308.jpg
全開でガンガン焚いて温度を目いっぱい上げる

ある程度温度が上がってきたら、空気調整をしてやる。ワンレバーの押し込み式で、最初の半分くらいまで押すと一次空気が完全に塞がって、残りの半分くらいで二次空気が絞られていく合理的な設計。一次、二次を別々のレバーで調整しないで済むイージーオペレーション。

空気を極端に絞ると、炎が消えてしまうくらいきっちり絞れてしまう。煙突からの排煙に注意する必要がある。煙突ダンパーなしでも快適に使えて、かなりコントロールの幅、調整範囲が広い。

resize0901_20170408140648b33.jpg
温度が上がったら中央部分のレバーを押し入れることで空気を絞って調整する

resize0903_201704081406514c3.jpg
青白い光のオーロラ炎が長時間綺麗に踊り続ける

今回のテストバーンは、15時間連続でハードにガッツリ焚く機会に恵まれた。

最初の6時間くらいは、縦型で炎が立ち上がるのが綺麗で迫力があるとは思ったけど、なかなか青白いオーロラ炎は出なかった。少しづつ炉内に灰が溜まっていき、熾火に満たされて、と薪ストーブ全体の温度が十分に上がってからは、非常に綺麗な青白いオーロラ炎が出現した。

この薪ストーブの本当の実力は2-3時間チョロっと焚いても評価できないと感じた。

この薪ストーブは、英国仕様で、7月に日本で発売される時までには、若干の改良やアクセサリー、補器類の付加などが施されることになっているそうだ。写真のままで販売されるわけではないが、基本性能や燃焼傾向は今回のレポートで、評価できたと思う。

スカゲンとともに双璧をなす、ハンターストーブの小型モデルになることだろう。小型モデルを選択する人で、縦型が好みの人はアスペクト、クラシックタイプが好みの人はスカゲンということになりそうだ。(設置スペースは、アスペクトの方が一回り、明らかに小さいが、縦長なのでそれなりに薪は入ってくれる)

今年の7月以降に小型薪ストーブを導入予定の人は要チェックだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
見知っている燃え方!
 イギリスのストーブを作っている中国工場製の半ぱくり機であるノザキ2301を使っています。
 チャーンウッドゴーヴェⅡがベースと思われる2300の横幅を広げた以外一見2300と基本は何も変わっていないのですが、1次2次空気の比や気密性が大きく異なっており、なんと、アスペクトとは、炉内素材や1次吹き出し口が違うのに、川原さんのレポートと燃焼はかなり似ている所があり、びっくりしています。
 2301開発者は、間違いなくハンターアスペクトを知っての設計だ! と思いました。
 ぱっと見、構造とも違うので、ぱくりとは全く言えませんが、美味しい所頂いていますね!
2017/04/12(水) 09:14:13 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

共通の空気の流れというか、セオリーがあるのかもしれませんね。
2017/04/12(水) 09:29:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
野崎と英国製の共通点
山口さんの考察はいつも面白くためになります。                確か歴史上大英帝国は中国各都市に拠点がありました。野崎がパクッたイギリス製のチャーンウッドコーベ2も横型モダンで炎に定評があるみたいです。                          中国製でも野崎3201は良い炎なんですね! 英国アスペクトと皆設計はどれももしかすると設計は似てくるんですかね!       一応英国のことを調べてみたら英国の薪ストーブは大体ほとんど薪と石炭のマルチ燃焼方式が可能で共通点がありますね。               歴史的に石炭動力の蒸気機関車を発明した国だったことからも分かります。                       野崎のパクリモデルとなった?チャーンウッドのコーベ1、2、3ですが大きさ違いで3種類あるみたいで最近出たアラダという薪ストーブも英国製。最近はヒタやライスなどデンマーク製やこうした英国製の薪ストーブやドイツ製のヨーロッパ諸国製品が日本に数多くなりましたね。 日本では2020年に国内導入される高気密住宅の先取りをした欧州の高気密型の薪ストーブが日本の薪ストーブ界の将来モデルになるとしたら、やはり小さい薪ストーブが主流になるのですかね?
2017/04/12(水) 22:38:40 | URL | 薪よう子 #iVhbeQBc[ 編集]
大きいガラスとオーロラ
大型ガラスのタテ型モダンタイプ好きだな。                   
2017/04/12(水) 22:53:57 | URL | うさぎ #-[ 編集]
>野崎と英国製の共通点
 コーベシリーズは現物見てきましたが、ノザキはぱくりの強みというか、お金のかからない美味しい所は頂き、お金のかかる所は捨て、多分ハンターも参考にした複合ぱくり機のようです。こうなるとオリジナルとも言えますが、設計者(中国工場のどなたか)は、非常に優秀だと思われます。
 ただ、傷があったりどこか不具合があったりは当たり前にあるので、誠意ある対応はしてくれる物の、その辺が見分けられない方、完璧を求める方には不向きです。また、販売元に薪ストーブの知識は全くと言って良いほどありません。

 
 焚きつけの様子
https://www.youtube.com/watch?v=lJym5RBX4nw&spfreload=1

 空気レバーの反応
https://www.youtube.com/watch?v=mtLTzJt7uiw 
2017/04/13(木) 10:18:21 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
薪よう子さま:

今後は小型ストーブにも目が離せなくなると思います。

(大型もなくなるわけではないでしょうが)
2017/04/14(金) 17:34:41 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
うさぎさま:

縦型モダンタイプの炎は迫力がありますよねぇ。
2017/04/14(金) 17:35:29 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
山口透さま:

自分で不具合があった場合には分かって、それに対応できる人はノザキも良いと思います。
2017/04/14(金) 17:36:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1753-99f1cd71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック