春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
工務店や設計者と煙突固定位置の打ち合わせをしても、現場の大工さんまできちんと伝わることは稀だ。多くの場合、現実的には「工務店」→「設計士」→「現場監督」→「大工さん」とかなりの人数を介することになるので、図面があったとしても、伝言ゲームのようになって、なかなか正確には伝わらない。

きちんと事前にお願いしたことが伝わればベストなのだけど、一番確実なのは現場で直接大工さんに固定金具や化粧板などの現物を見せながら指示することだ。これも内装工事がはじまる前の、構造や骨組みが見えている段階で行わないと手遅れになる。ボードが打ち付けられると後から内部に下地を入れるのは不可能になるからだ。そのためタイミングを外さないで、打ち合わせが必要になる。

薪ストーブの煙突を施工する場合は煙突固定金具の下地の位置が重要だ。下地がないとボードにはビスが効かないので、しっかりと煙突を固定できない。煙突掃除に行った際の他社施工の現場だと、そういうふうに明らかにきちんと固定されてない現場もけっこう見かけるが・・・。



私が自分で施工する場合にはプライドにかけて、こういう施工はあり得ないので、下地にはかなり神経を遣っている。近所で見に行ける現場であれば可能な限りこの段階で見に行くし、簡単には見に行けないような遠方の場合には念入りに打ち合わせするようにしている。

resize0860_20170404122344e04.jpg
骨組みとルーフィング施工が終わった段階で現場を確認する

resize0864_201704041223496f4.jpg
チムニーの骨組みも、ごっつい柱でプレカットで作成されていた

resize0861_20170404122345e77.jpg
下地の位置を直接大工さんに指示できた

resize0865_20170404122349ded.jpg
壁面にも同様に、「かわはら式耐震煙突固定法」の地震対策の下地を入れる

resize0867_20170404122349f15.jpg
壁面内の下地の位置も明示

下地の位置について、FLからの寸法や、チムニー天端からの寸法をメモして、工事本番に備える。(内装が終わってしまうと下地の位置は表面から全く判らなくなるので)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1748-825ec075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック