春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
煙突から白い煙がモクモク立ち上がって不完全燃焼している状態では、煤が煙突内に付着するし、そもそも本来なら燃えるはずの成分を無駄に大気に捨てていることで、とても効率が悪い。

どうしてこうなるかは、焚き方のテクニックもあるけけど、薪の質の影響も大きい。乾燥不足の薪を焚いていると水をかけながら燃やしているようなものなので、どんなに高性能な薪ストーブを使ったとしても、本来の状態まで温度が上がらず、白い煙が出てくる。

「近所迷惑にならないように排気のクリーンな高級機を選ぶ」というのは明らかな的外れな行為だ。そのための一番の合理的な方法は「高性能な薪」つまり十分に乾燥した良質な薪を準備することだ。

薪ストーブ本来の燃え方は、このように空気を絞ってオーロラ状態になっても、煙突からは透明な揺らぎだけ見える状態だ。もし、オーロラ状態で白い煙が少しでも見えるようであれば、薪の乾燥を疑ってみよう。

薪ストーブシーズンが終わって、頑張って薪作りしている人も多いと思うけど、玉や原木を集めただけでは意味がなく、早めに割って、乾燥期間を十分に確保しよう。今割った薪は、今度の冬に燃やせるかと言ったら、普通のやり方をしていたら、正直無理がある。実質半年程度の乾燥期間しかない。今割った薪は次の次の冬の分だ。

2年乾燥(厳密に言えば夏を二回経過)で回せるだけのストックをいかに確保するかが、快適な薪ストーブライフの秘訣だ。春に割った薪を、その同じ年の秋冬に焚いている流れでは、いつまで経っても快適な薪ストーブライフは送れない。



resize0853_20170402162536155.jpg
炉内が十分に高温になってから空気調整してオーロラ状態を作る

resize0852_20170402162534932.jpg
クリーンバーン特有の二次燃焼の吹き出しの流れを感じる炎



resize0850_20170402162535fa8.jpg
上の炎の状態で、中央の窓付きチムニーの角トップから排煙しているけど、目視確認できる白い煙は全くない

resize0851_201704021625360bf.jpg
3本煙突が立っている

resize0849_20170402162533a14.jpg
リフォームが完了した、かわはら薪ストーブ本舗のショールーム全景

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
いくら乾燥した薪でも、焚き方で大きく左右されるのではないでしょうか。
乾燥が一番、二番は焚き方と思います。
2017/04/06(木) 20:10:57 | URL | SKIN HEAD #-[ 編集]
SKIN HEADさま:

今回の論点はそこではありません。

二番目はその通りだと私も思いますが、この記事では二番目が何かと言っているのではないですよ。

三番目の薪ストーブの機種を一番と考えている人が多いための警鐘です。
2017/04/06(木) 20:20:12 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
原始ストーブ
しょせん原子力ではなく原始力だからね。

薪で煙(ペレットも少ないけど)が

ゼロは科学的にもありえましぇん。

薪ストーブや、乾燥、焚き方、、、、、、煙とはお友達ですよね。あはは


ゼロエネルギーハウス、通称

ZEHハウスになると極寒冷地を除けば、炎を楽しむ派はアルコール暖炉で十分で今の暖房機では(薪ストーブなど表日本や都心部では不要)熱いくらいになりそうです。




2017/04/07(金) 08:14:09 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

煙をモクモクさせても大丈夫な環境と、そうでないところがありますから、適切な対応が必要だと考えます。

ZEHへの薪ストーブは小型機を、趣味で焚くということになりそうですね。
2017/04/07(金) 10:02:21 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
「排気のクリーンな高級機を選ぶというのは明らかな的外れ」
は少々言い過ぎでは?
薪に気を使うのは当然として、ストーブもなるべく排気がクリーンなものを選ぶべきだと思うのですが。
薪を買い直すのに比べてストーブ買い直すのは大変。
2017/04/07(金) 12:38:02 | URL | #-[ 編集]
コメント at 2017/04/07(金) 12:38:02さま:

いいえ、言い過ぎだとは全く思っていません。

クリーンな排気のためには、乾燥した良質な薪の使用が一番大事です。

二番目は焚き方のテクニックです。

そして三番目にやっと薪ストーブの性能となり、綺麗な排気に与える依存度は、上の二つほどは大きくはないです。
2017/04/07(金) 12:58:01 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1747-cd6d62ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック