春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
高級食材でなくても、スーパーで買ってきたような普通のお肉でも、ちょっとした調理のコツを知っていると美味しく食べることができる。

resize0801_201703311447200db.jpg
下ごしらえが大事

あらかじめ冷蔵庫から出して室温に戻しつつ、その間はキッチンペーパーで肉全体を包んで、余計な表面の油を吸収させておく。このことで臭みを取る。その後、小麦粉をまぶして、準備OK。

resize0804_20170331144725c38.jpg
あらかじめ天板でプレヒートしておいたスキレットに油を敷く

resize0802_20170331144723cf7.jpg
熾火の炉内で表面に焦げがつくまで焼く

表面を焦がすことによって肉汁を中に閉じ込めてジューシーで柔らかく仕上げる。ある程度焦げて良い匂いがしてきたら、すぐに食べたい衝動に駆られるが、塊の場合は、まだ中まで火が通っていない。その後で、十分に蒸らして中まで火を入れてやるのがポイント。スキレットの場合には、熾火から出した後にアルミ箔で蓋をして、天板の上のマイルドな火力で中に火が通るまで待つ。ダッチオーブンなら蓋をしておく。

resize0803_20170331144726f72.jpg
柔らかくて、なおかつボリュームがある、キャベツの千切りと相性の良い一品の仕上がり

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1745-4fb7adcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック