春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブを使うに当たっては、薪の乾燥は極めて重要だ。

薪ストーブの性能の違い以上に、大きな結果の違いがある。どんなに高性能な薪ストーブを使っていても乾燥不足の薪を使えば煙モクモクで全然温まらないし、ショボい薪ストーブを使っていても、乾燥した良質な薪を使えば、温かく快適に気持ち良く燃えてくれる。そのくらい「薪」の性能は重要なのだ。これを甘く見ている人がけっこう多い。

※参考URL (含水率10パーセントの違い)
http://fgear-bsb.blogspot.jp/2015/03/10.html

もちろん、高性能の薪ストーブで良質な薪を燃やすのがベストなのは言うまでもない。

それを得るために、これまでの薪作りのノウハウを結集して、自分の考える理想の薪小屋を作ってみた。

1.強い風が吹いても横から雨が当たらない
2.直射日光による温室効果の高温で、薪の水分をより早く蒸発させることと防虫効果を狙う
3.蒸発した水分は開口部分の養生の仕方で通風して飛ばす
4.上下段の入れ替えなどはメッシュパレットボックスをフォークリフトで短時間で簡単に作業できる
5.道路付けを良くして、フォークリフトがなくても、車を横づけしても薪の出し入れが可能
6.玉切り、薪割りの作業場が隣接していて、単純な薪の移動のために、時間や手間をかけずに済む
7.複数の造園屋さんや、伐採業者と提携して、ダンプカーで原木を作業場まで持ってきてもらえる体制の構築
8.鍵のかかる道具置き場の小屋を併設して、薪作りの道具を収納しおける
9.薪小屋の雨樋から雨水をタンクに溜めて、洗い物などにも使用可能にする
10.開口部分の密閉具合をコントロールして、必要に応じて時計型ストーブなどで煙による燻製消毒、殺虫も可能




resize0715_201703291345554c0.jpg
開口部分は透明のビニールシートで養生して、必要に応じて通風して湿気を出せるようにする

resize0714_20170329134555699.jpg
メッシュパレットボックスに詰め込んだ薪を、フォークリフトで効率よく出し入れして場所の入れ替えができる設計

resize0717_20170329134557fe1.jpg
開口部分以外は全て透明のポリカ波板で覆って、風雨の影響を避けるとともに、温室効果を狙っている

resize0713_20170329134553ed6.jpg
作業場全景

resize0716_20170329134556508.jpg
ダンプカーで搬入した原木を、効率良い動線で薪作りできるようになった

これから、ガンガン薪作りして、この薪小屋を満載したい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
道路側に面しているのがらしいですね
理想的で素晴らしい薪棚の完成ですね。

ヤード側に開口がなくて、最初「?」となったのですが、道路側ならヤードにいくら原木を積んでも困らないための工夫に気付き、さすがかわはらさんだなと思いました。
2017/04/02(日) 10:07:16 | URL | ゆで落花生 #mQop/nM.[ 編集]
ゆで落花生さま:

最初はヤード側から出し入れするつもりでしたけど、冷静に考えると道路からの方が広く使えるので、変更しました。

それから車を横づけして薪を積み込む時にも、ラクですしね。
2017/04/02(日) 11:00:56 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
フォークリフトにナンバーがありません公道での使用は法令違反ではありませんか?
2017/04/03(月) 08:48:44 | URL | #-[ 編集]
ここは公道ではなく私道です。
2017/04/03(月) 08:51:35 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1743-26bd88d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック