春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
メッシュボックスパレットに詰め込んだ薪を、どう保管して乾燥させるのかを考えた。

簡易的にテキトーな波板を上に載せておくとか、最上段に屋根ユニットでカバーするとかの方法あるけど、今回はこれまでの経験とノウハウを結集した、自分の考える理想の薪小屋を作ってみることにした。

きちんとした小屋を建てて、屋根だけでなく壁面まで全ての面をポリカの波板で覆って、温室状態にして乾燥させようという作戦だ。強風が吹いても全く雨が当たらないのは言うまでもないが、内部が高温になるので、水分が蒸発しやすくなるし、殺虫効果も期待できる。この小屋にメッシュボックスパレットに詰めた薪を、フォークリフトで出し入れすれば、簡単に上下段の入れ替えなども行えるので、乾燥ムラも解消できる。(一般的に地面に近い薪は乾燥イマイチな傾向になる)

resize0628_20170320083935e03.jpg
薪小屋の材料が到着

resize0629_201703200839354e3.jpg
クレーンで降ろしていく

resize0627_201703200839345b8.jpg

resize0626_2017032008393092f.jpg
プレカットで工場であらかじめ刻んであるので、現場では組み立てるだけで強度も精度もしっかり出る

resize0625_2017032008392881a.jpg
邸宅ではなく小屋なんだけど・・・

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1737-a30732b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック