春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
私の地元の千葉県内で、今度の夏頃に着工、冬頃に引き渡し予定の新築住宅に、薪ストーブ設置する案件で、工務店へ打ち合わせに行ってきた。

このような新築での薪ストーブ設置工事の打ち合わせに行くと、毎回必ず決まって工務店(設計士)と、私の間で繰り広げられる攻防戦がある。それは炉台のサイズと、煙突の構造だ。

私は使い勝手やメンテナンス性を最優先しているので、なるべく広い炉台を提案しているけど、、家を作る側は薪ストーブは「お飾りのアクセサリー」なので、本体がちょこっと乗るギリギリの小さなサイズで、煙突は安上りなフラッシングで考えていることが大半だ。

実際に使いはじめると、鍋や五徳、火ばさみなどの道具を置くので、炉台周りは広さが必要になる。今回も図面を確認すると、赤い線で設計されていたので、最低でも青い線くらいまでは広げるべきだし、それでも狭いくらいで掃き出し窓の方まで延長して全部炉台にしても良いくらいだと伝えてきた。(今回はフローリングとフラットな炉台なので、広くしても邪魔にはならない)煙突に至っては、図面に盛り込まれてもいなかった。煙突についても、よく見かける三角錐の金物のフラッシングで軽くスッキリと目立たない方向で考えていたようだけど、メンテナンス性や雨仕舞いの問題を考えると、角トップ&チムニーで仕上げるのがベストなので、今回もその方向で話をしてきた。

私が言えること、伝えられることは、打ち合わせ時に最大限にアピールして最善を尽くしたので、あとは施主さんと工務店の間の協議で、最終的にどの線で決まるのか決まる。

resize0604_20170315162515ecd.jpg
炉台のサイズの大小

設置前は私の提案を受けて「こんな広い炉台は無駄なんじゃないの?」って思われているけど、設置後は「もっと広くしておけば良かった」という本音が出てくるのがほとんどなので、大胆に思い切った広い炉台にすることをお勧めする。

煙突に関しては、自分でメンテナンスする場合には圧倒的に角トップの方が安全性が高いし、雨漏れのリスクも低い。また、工事に関しても、瓦屋さん、板金屋さん、ストーブ屋さんと、複数の職方のスケジュール調整をしなくて済むので、現場でも、無理ない工期を組める。

resize0603_20170315162513418.jpg
煙突の高さとチムニーor フラッシングの攻防

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
炉台の面積
ペレットストーブのように灰だけならキレイで良いけれど、薪ストーブは必ず焼けて火の付いた炭が落ちて来ます。                            フロントガラス~最低60センチの確保が安全。  でないとフローリングが汚く黒こげが出るわよ!
2017/03/26(日) 08:27:45 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
薪よう子さま:

私は相談を受けた場合には、最初は70センチを推奨しています。

色々妥協して最終的に60センチに落ち着くケースが多いです。
2017/03/26(日) 09:13:35 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
炉台面積と薪ストーブ機種について
推奨70センチは大正解!                           薪ストーブ機種によっては70センチないと不安感あるのよねっ!                          北欧の某メーカーなどはガラス面の下部と鋳物の下部に段差がキチンとありベロもチャンとあるので比較的狭めでも大丈夫(それでも60位必要)。
2017/03/26(日) 14:02:35 | URL | 薪よう子 #KSgJhY2c[ 編集]
薪よう子さま:

実用的に使いやすく、安心、安全なサイズにしたいですねぇ。
2017/03/26(日) 14:10:21 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
炉台の広さや煙突立ち上げ方法もそうですけど、断熱二重煙突への理解や煙突長さへの理解も必要ですよね。当該の建物は4寸勾配のようですが場合によっては風圧帯への考慮も必要ですし、そうなると煙突高さの検討や強度面から尚更チムニーの必要性も出てきますねえ。

経験ある立場からのご意見、今後もがんばってください。

ちなみにうちはストーブ設置実績のほぼ無い工務店&あまり物言わないストーブ屋さんだったので全て自分で主張しました…。結果的にかわはらさんがブログで言われてる内容は概ね網羅できたので結果オーライでしたが。
2017/03/27(月) 22:55:58 | URL | ガヤ #ntCWGXuI[ 編集]
ガヤさま:

快適な薪ストーブ生活をゲットするためには、自分で勉強するか、信頼できる薪ストーブ屋さんに任せるかの二択ですよね。

結果が全てなので、満足いく内容になったようで、何よりです。

ブログでの静岡県内での薪ストーブ情報も、これから導入する人に役立つと思います。

既に静岡県内でも何件も、私も設置工事をやっているのですが、そのユーザーとのつながりも生まれているようでうれしいです。
2017/03/27(月) 23:09:09 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1729-bb8ccba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック