春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の中京地域ツアーの第二弾はこちら。

新築住宅の建築中の足場があるうちに、煙突を取り付けてしまおうという作戦だ。

工務店的には「引き渡し前の現場に自社の施工スタッフ以外は現場に入れたくない」というのが本音だろうけど、そこを何とか妥協してもらえた。煙突工事は、足場がある時と、ない時では作業効率や安全性が全然違うから、助かった。このような調整では、施主さんのリーダーシップがないと、上手くいかないケースも多い。「絶対に現場に入らないでくれ」と言われたら、新築工事中の煙突工事は不可能になる。

今回は中京地区での他の案件と、タイミングが合ってラッキーだった。

resize0980_201703051832592c8.jpg
現場に到着

resize0979_201703051832570ca.jpg
まずはチムニー内部に煙突を固定する

resize0976_20170305183255c46.jpg
角トップの取付完了

チムニー外壁材を取り付ける際に、角トップのスカートの隙間に下から差し込む形で作業できれば、このまま、いじる必要はないけど、もし邪魔になるようであれば、角トップの側面の10ミリの六角ボルト4本を回せば、コーキングや防水テープなどを取り除くことなく角トップ本体をワンタッチで上に持ち上げることができるので、外壁材の施工の時にも、問題ない。コーキングや防水テープに頼ることない雨仕舞いの高木工業所製の角トップならではのメリットだ。

resize0985.jpg
小屋裏部分まで煙突を取り付けておく

ここまで煙突工事を済ませておけば、足場が取れても屋内での作業だけで済むので、安全かつ確実に作業できる。この後は、入居後に、無理のないスケジュールで室内側の煙突工事と、薪ストーブ設置工事を行う予定だ。次に行く時は建物の完成後なので、どう変わっているか、楽しみだ。

resize0981_2017030518330064d.jpg
炉台、炉壁周り

内装の石膏ボードの施工前に骨組み、構造が見えている段階で、このように現場に入ることがでたので、煙突固定金具の下地の位置の確認や指示をしやすいので、煙突工事の時に問題が起きにくい。炉壁上部の壁面は、全面ビスが効くように下地を入れておいてもらうことにした。このことで、耐震性に優れる施工ができるようになる。

こちらも、工事完了後に施主さんに連れて行ってもらったお勧めのトンカツ屋さんでの食事が、とても美味しかった。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1721-1522fa9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック