春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
広い荷台のトラックや軽トラックならば、入荷した薪ストーブをパレットごと積み込んで、現場に到着して荷台で、開梱、パレットから降ろす段取りでも良いが、軽ワゴンだと、物理的に本体だけしか入らない。そこで、現場に行く前に、ある程度の準備が必要となる。

天気予報や、他の仕事などとのスケジュールを見ながら、どのタイミングでこの作業を行うのかを考えるのも、仕事のうちだ。ギリギリまで積み込みを引っ張って他の仕事をそれまでの間やろうと車を使って、前日の積み込みの日が雨だったりすると非常に作業がやりにくくなる。ビニールシートを掛けたり、雨カッパを着ながらの積み込み作業は極力避けたい。

そんなことを総合的に考えての積み込み作業だ。

resize0546_20170301153718d1b.jpg
フォークリフトでパレットごと車の荷台に横付け

resize0545_20170301153717bda.jpg
背が高いストーブなので、高さがギリギリだった

寝かせれば高さは余裕なのだけど、そうすると、この後に積み込む煙突部材が載せられなくなってしまう。

resize0544_201703011537141b4.jpg
少しづつ平行移動させていく

resize0543_20170301153714a2f.jpg
軽い方が移動させやすいので、パーツは極力取り外す

resize0542_20170301153711d69.jpg
無事に積み込み完了

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1719-1bb6764c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック