春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
三寒四温で、薪ストーブを目いっぱい焚き続ける必要がなくなってくると、薪をくべずにそのまま鎮火方向に向かわせることも多くなる。炉内がこんな弱めの熾火の状態になったら、炉内料理のチャンスだ。魚を焼くと絶品なのだ。

resize0459_20170225070554ee3.jpg
醤油、酒、ニンニクで一晩漬け込んで、臭みを取る

resize0458_20170225070551be8.jpg
五徳と金網の上で焼く

resize0457_201702250705508c9.jpg
別の金網でサンドイッチして二枚ではさんでひっくり返せば、皮や身が崩れることなく綺麗に裏返せる

裏返すタイミングは見れば判ると思う。金網を二枚使ってサンドイッチさせてひっくり返すと、皮や身が崩れることなく、綺麗に裏返せます。五徳と金網があればできる。

よくある質問で「油が飛び跳ねないのか」というものがあるけど、飛び跳ねたところでレンジとは違って、調理の後は掃除の必要もなく、ガンガン焚けば油は焼け飛んでしまうので、全く問題ない。後片付けの手間なく、気軽に魚を焼けるのも薪ストーブの炉内料理のメリットの一つだ。

それから「何分でできる?」という質問も多いけど、そんなのは熾火の量、炉内に蓄熱量によって全く違うので、答えたって意味がない。「その時によって違う」としか言いようがない。五感を生かして、自分の目と耳と鼻で感じれば、自然に判るはずだ。熾火の量は多過ぎたり、少なすぎたりして失敗することもあるかもしれないけど、その経験を生かして次回挑戦すれば、少しづつ上手になっていく。写真だと、熾火の量が判りにくいけど、動画だとこんな感じが最適な状態なので、参考にして欲しい。



resize0456_20170225070548290.jpg
焼きあがったところ

resize0455_20170225070546f32.jpg
熱々ご飯と食べれば日本人の幸せを感じる

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
今シーズンもあと僅かですかね〜?
春が来るのは嬉しいけどやっぱりちと寂しいですね。
今シーズンは焼魚は是非やってみたいと思っているので暖かくなってきたらタイミングが合わせやすいので挑戦してみたいと思います。
2017/03/02(木) 22:50:17 | URL | くんくん #-[ 編集]
くんくんさま:

これからは熾火の時も多くなるでしょうから、ぜひとも炉内料理を味わってみて下さい。楽しみですね。
2017/03/03(金) 06:52:56 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1711-b9f8dc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック