春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
物が良く燃えるには「高い温度」「燃料」「酸素」の3つの要素が全て同時に満たされる必要がある。それは薪ストーブでも同様で、いかに高い温度を保ち、乾燥した良質な燃料を、適切な空気を送り込めるかということにつきる。これをバランス良く満たせば、どんな形状でも効率良く、高性能になる。

通常のロケットストーブは全然違う形状だけど、これを見ると原理に基づいた合理的なものだということが良く判った。厚い鉄板がヒートライザー代わりに熱を蓄えて内部を高温に保ち、底部の隙間から熾き火で燃料を燃やした勢いで酸素が供給されている。

ただの一斗缶とは違う、分厚い鉄板のロケットストーブの一種だ。

resize0550.jpg

resize0549.jpg

resize0548.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/171-bb891f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック