春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
いつもと同じ、コーヒー豆でも、薪ストーブの天板で沸かしたお湯で作るのと、ガスコンロやIHで沸かしたお湯で作るのでは、明らかにコーヒーの味が違う。それだけ聞くとオカルトみたいだけど、多分、多くの人はそう実感するだろう。科学的に説明すれば、同じ温度でも水に対する熱の伝わり方、分子の振動レベルが違うのだと思う。

究極の美味しさを追及するために、淹れ方にもこだわりたい。コーヒー豆の味と香りを引き出す、美味しい入れ方をレポートした。以下のFBのかわはら薪ストーブ本舗のアルバムをチェック!

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.632045610327152.1073741830.302868569911526&type=1&l=526d5e165f

resize0296_201702031620504aa.jpg
薪ストーブの天板で沸かしたお湯で作る

resize0304_20170203162054169.jpg
どうせなら豆からハンドミルで、ゆっくりと丁寧に香りが飛ばないように挽く

resize0303_20170203162054e5c.jpg
粉にしたら、一度ボールに開けて、軽く振って雑味が出る細かな粉を飛ばす

resize0299_201702031620512cc.jpg
蒸らし方とお湯の注ぎ方がポイント

resize0305_20170203162055322.jpg
丁寧に淹れたコーヒーを、そのお湯を沸かした薪ストーブの前で飲むのは最高

かわはら薪ストーブ本舗に来店いただければ、希望者には本当に美味しいコーヒーの淹れ方までレクチャーするので、遠慮なく言って欲しい。薪ストーブの焚き方や使い方のレクチャーはもちろんだけど、このような使いこなしまで含めてトータルでフォローする。(どちらにも共通していることだけど、紙やネットの情報だけでは、本当のところは、なかなか習得するのは難しい。実体験して、感じることが近道だ)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1688-35097ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック