春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
この時期の火力の強い状態の炉内に入れると焦がすし、仮に焼けてもあまり甘く美味しくならない。炉内で作るのは熾火がほとんどなくなった消えかけの状態が最適なので、薪ストーブに火が入ってない状態が多い時期がお勧めだ。

ガンガン焚くこの時期は天板で作るのお勧めだ。濡れ新聞やキッチンペーパーを濡らして包んで、その上からアルミホイルでさらに包む。これを天板に乗せて、適当にコロコロ転がしているうちに1時間くらいでできる。このくらいの時間をかけてゆっくり焼いてやると、デンプンが甘い糖質になってくれて、とても美味しくなる。柔らかさも出てくる。良い匂いと、転がす時に手触りで完成が判る。

resize0201_20170117210457e16.jpg
指で軽く押しただけで潰れて割れるくらいの柔らかさ

resize0202_20170117210459e55.jpg
縦に裂けた断面

resize0200_201701172104551c0.jpg
横方向の断面

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1670-e548a21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック