春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
耐熱容器にグラタンの食材を入れて、熾火からちょっとだけ炎が上がっている状態の炉内に入れる。ピザより若干弱めの火力が最適。

resize0152_201701091957395c5.jpg
熾火で鍋底の食材が焦げるのを防ぐためにスキレットをヒートシールドにする

resize0151_20170109195739df1.jpg
絶妙の焼け具合

resize0150_20170109195736aee.jpg
ビールが進む

resize0149_20170109195736478.jpg
焦がさずに美味しく焼きあがった

よくある質問で「何分で焼けますか?」というものがあるが、それに対する答えはない。炉内の熾火の量、火力、温度によって、全く違うわけだから、同じタイミングで焼けるというのはあり得ない。経験を積み重ねるしかない。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1659-257fa374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック