春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize0117_20170103190704736.jpg
洗い場が完成したので、とりあえずの仮設の目隠しを作って外からの視線を遮る

resize0116_201701031907022cb.jpg
お風呂グッズを持ち出した

resize0115_20170103190703bb5.jpg
完成した洗い場で、実際に身体を洗ってみた

resize0114_20170103190659663.jpg
綺麗になって気持ち良くなったら、湯船で缶ビールを飲みたくなった

resize0118_201701031907051cb.jpg
屋外で、薪で沸かした、お湯に浸かりながら飲むビールは美味しかった

実際に家族5人が順番にお風呂に入って使ってテストしてみた。一人あたり約30分として合計で連続3時間程度の稼働時間だ。それぞれが、洗い場で使ったお湯が減った分は、水を追加していけば炉の中に残っている薪の熾火の残りの燃焼で、快適な42℃程度の温度と、風炉釜一杯の水量を最後までずっと保ってくれた。

初体験の家族に上がった直後に「どうだった?」と聞いたら「良かった」「熱かった」「暖かかった」「気持ち良かった」と様々な感想だったけど、概ね好印象で、ダメ出しは喰らわなかった。普通のお風呂と五右衛門風呂の気持ち良さの違いは、暖房で言えば「エアコン」と「薪ストーブ」の違いのような感じだと思う。この快適さは実際に体験してみる価値があると思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1653-21eebb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック