春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ショールームのウッドデッキに施工した五右衛門風呂の構造は、まさにロケットストーブそのものだ。焚き口から強力な空気が流れ込んで「ゴーっ」という音で燃える。

単純な風呂釜の下だけで火を燃やす構造ではなく、風呂釜の真下に炉があって、焚き口の反対側に排煙部分があり、そこから折り返して風呂釜の側面の左右を排気が焚き口方向に戻ってくる煙道を介して、焚き口付近の煙突へと排気が向かう構造だ。このため、真下からの炉の熱だけでなく、排気が風呂釜の側面も温めるので、とても効率が良い。ショボいパレットを解体した廃材の燃料だけでも、200Lの井戸水を、わずか30分でお風呂の適温の40℃くらいまで上げる能力がある。

resize0113_20170103184256585.jpg
100パーセント廃材の燃料をバーナーで一気に焚きつける

resize0112.jpg
焚きつけ風景

resize0110_20170103184254f33.jpg
炉の蓋を閉じるとゴーっという音で激しい空気の流速を感じる

resize0111_201701031842554bc.jpg
焚きつけして10分経過後の炉内は、投入してある薪全体に炎が回って高温になっている様子が観察できる

resize0109_201701031842521d9.jpg
三連煙突の一番右側が屋外の五右衛門風呂用のもの。さすがにパレット廃材という粗悪な燃料なので目視確認できる煙だ

まともな薪を使えば、ここまで煙は出ないと思うが、薪ストーブで燃やせないような長い廃材を燃料にできるのもメリットの一つなので多少の煙は気にしないで使っている。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1652-62f2c209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック