春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
年内最後の煙突工事&薪ストーブ設置工事の現場は愛知県だった。

年末の押し迫った時期で、工事直前の前日まで地元でみっちり予定が詰まっていたので、いつものように、地元で荷受けして車に積んで現場へ持っていっていたら、全然間に合わない。そのため、事前に薪ストーブや部材、工具などの一式を現場直送にしておいて、工事当日に始発で地元出かけて、身体一つで日の出前の品川発の新幹線で駆けつけて、朝イチに現場着で、一日で一気に終わらせる作戦を取った。

resize0855_201612261804594ca.jpg
煙突は室内側からロープで引っ張り上げた(ブロックでもなんでも現場で使えるものは使って高さ調整)

resize0863_2016122618050557a.jpg
煙突固定の後、囲いフラッシングの内部に断熱材を充填した

resize0862_20161226180503c6e.jpg
無事に屋外側の作業が完了

resize0861_201612261805022fc.jpg
室内側もサクサクと進めて、設置完了後にすぐに「上から着火方式」で火入れ&レクチャー

途中で何度か外に出て、煙突からの煙の状態をチェックして「これなら問題ない」というのも確認できて、安心してもらえた。焚きつけの直後と、追加薪の投入直後に少し薄っすらと青白い目視確認できる状態になるけど、それ以外はほぼ煙は見えないということが認識できたと思う。

逆に言えば、もし目視確認できる白い煙が出ているということは「温度が低い」「空気絞り過ぎ」「薪の量が少ない」「薪の乾燥不足」ということで、何かしらの問題があるということだ。

resize0860_201612261805003f1.jpg
薪の追加投入、二次燃焼の空気調整のコツまで時間をかけて教えてきた

resize0870.jpg
薪から離れたところでの安定した綺麗なオーロラ炎が楽しめる。もちろん煙突からは目視確認できる白い煙は全く見えない

さすがにソープストーンの重量級ストーブなので、安定燃焼するまでは、他の素材の薪ストーブよりも時間がかかるけど、一度暖まってしまうと、蓄熱してくれるので長時間安定して暖かい状態が続いてくれる。上品で、心地よい、穏やかでマイルドな暖かさが特徴だ。

広い土間に、既存壁面と同じ漆喰仕上げの炉壁ですっきりとしたデザインで納まった。ハースストーンのヘリテイジに、髙木工業所の二重断熱煙突を積み合わせて、口元ギリギリまで攻めて使って、排気効率を極限まで高める仕様だ。このようい煙突を口元付近まで二重断熱煙突を使うと、排気温度が下がりにくいのでドラフトが弱まらないので、空気調整を絞っても安定して燃焼し続けてくれるので燃費が良くなるのだ。「煤の付着が少なくて煙突掃除が楽」というメリットだけでなく、シングル煙突を多用するよりもメリットが大きい。

安定した綺麗な二次燃焼のオーロラ炎で、柔らかい暖かさい包まれて、施主さんも大満足で、うれしかった。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1641-e10477a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック