春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize0053.jpg
熾火の炉内で十分に熱したダッチオーブンの蓋に油を敷いてから、餃子を置いて再び炉内に入れる

resize0052.jpg
焼ける音を意識しつつ、数個裏返してみて、良い感じの焦げ目がついたら、一度炉内から出す

resize0051.jpg
水を餃子の高さの1/3くらいまで一気にヤカンなどで注ぎ込む

resize0050.jpg
耐熱ガラスの蓋をのせて、炉内に戻して蒸し焼きにする(蒸し焼きの途中では蓋を外したり出したりしない)

resize0049.jpg
水が概ね蒸発したのを目視確認したら、炉内から取り出し、ビールと一緒に食する

蒸し焼きにすることで、100℃の安定した熱でじっくり加熱するのでピザのように底面を焦がす心配が少ない。目視確認できるガラスの蓋を使えば火から降ろすタイミングが遅れることもなく、誰にでも失敗なく、簡単手軽に確実に美味しく作れるので、超お勧めの薪ストーブ料理の一つだ。

同じ具で作っても、他の調理器具で作るのと明らかに味が違うので、試してみてはどうだろうか?

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1640-8b323546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック