春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回導入したエイトノットのクッキングストーブは、長野県松本市から、製作者の上原さんが直接施主さん宅に持ち込んでくれた。

そのため、設置後の取り扱い説明も私は基本見ているだけ。自分が工事したのに、取り扱い説明しない現場って、何だか不思議な気がしたけど、たまには新鮮で良いものだ。

resize0839_20161216174641cdc.jpg
設置完了後、製作者自ら、直接ユーザーにレクチャーという贅沢な取り扱い説明

resize0835_201612161746373a6.jpg
記念すべき初火入れ

resize0840_20161216174642a7d.jpg
すぐに全体に火が回る

resize0834_201612161746358e3.jpg
二次燃焼の安定した状態では、大きな正面のガラス、側面のガラスで迫力がある

resize0841_20161216174641f3e.jpg
真横からでも炎がしっかり鑑賞できる

この薪ストーブは長野県松本市の工房に以前、見学に行ったことがあり、実機の燃焼、製作過程を見ているので、導入に当たって不安はなかったけど、実際に初めて自分のお客様宅のところで設置して使用しているのを見られて、その時の印象通りで、自分のお客様に勧めても大丈夫な機種だと改めて思った。

「国産」「鋼鈑」「クッキングストーブ」というキーワードでピンときたら検討に値する機種だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
記憶力の限界が…
これは「再び、古民家リフォームで薪ストーブをつける案件が舞い込んだ」(2016.1.24記事)の案件ではないですよね?

「エイトノット」というと、どうしてもその案件しか思い出せないのですが…
2016/12/21(水) 08:12:21 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

さすが。すばらしい記憶力です。

実はエイトノットの案件、複数同時進行していまして、その古民家への設置は年明け2月頃を予定しています。
2016/12/21(水) 08:33:39 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
エイトノット
 ご存じの通り、激安機使っている身の上ですが、それなりの部分もあるものの、性能的実用的に他の高額ストーブに食指動くことはほとんど無く、唯一このエイトノットに魅力感じています。
2016/12/21(水) 09:50:46 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

いつか、機会があったらぜひ、導入して下さい。きっと満足できると思います。
2016/12/21(水) 10:38:47 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1635-ea97b5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック