春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の和歌山での煙突工事&薪ストーブ設置工事は、かなり微妙な天候だった。当日の天気予報は晴れで、朝のうちは良い天気になる感じで安心しきっていたのに、作業をはじめたら、急に雲ゆきが怪しくなってきた。作業効率は落ちるが、雨に当たらないようにと、あまり派手に工具や資材を広げないようにコンパクトに行った。

そして煙突工事で、何回か屋根に上がっている時だけ不思議と雨が降って、作業が終わったら、思いっきり晴れた。滑りやすいリスクの高い環境という厳しい試練を、神から与えてもらった。屋根に上がる前から雨降りだったら回復まで待つのだけど、なぜか屋根に上がった直後に降ってくる。なんとか無事にこなすことができた。勾配のきつい屋根なので、足袋を履いても滑った。

ただ、この日は作業後の夜間には強い雨となったので、もし半日天候のサイクルが早まっていたら、当日の昼間の作業はできなかっただろうから、その程度で済んで、ある意味ではラッキーだったとも言える。

resize0691_20161209160559f7b.jpg
屋外の作業中は雨に降られて、全く写真を撮る余裕はなし

resize0690_20161209160558c59.jpg
屋外の作業を終えて、じっくりと屋内作業に入る

resize0688_20161209160556fed.jpg
左右方向の垂直を確認

resize0687_2016120916055515a.jpg
前後方向の垂直を確認

このように、要所要所の固定の際に、両方向で垂直になっていることを確認しながら作業を進めていく。

今回、一緒に設置工事を手伝ってくれた和歌山県在住の薪ストーブユーザーの操縦でドローンを飛ばして空撮を行った。動画の撮影の時は良い天気に回復したが、良く画面を観察すると、路面の一部が、まだ濡れている様子が確認できるはずだ。その直前まで雨が降っていたことを物語っている。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1627-bff4ecd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック