春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「12年使っていたダッチウェストのセネカのダンパーが動かなくなってしまった」ということで呼ばれた。

resize0533_2016112918302543b.jpg
大事に使われていたことが外観からも解る

お客様の言う通り、レバーが動かない。良く見ると、本体側面に亀裂が入ってしまって歪んでいた。修理するとなると、部品をほぼ全部取り換えになってしまって、新品を買うのと変わらないことになる。

resize0532_20161129183022ebe.jpg
側面に亀裂が入っている

resize0531_2016112918302371b.jpg
部品をバラして軽量化してから撤去した

お客様と相談して、同じ触媒機でありながら、ダンパーがなくて故障のリスクの少ない、国産のAGNI-CCと入れ替えることになった。今まで使っていた機種の予備で購入されていた触媒がそのまま使えることも選択のポイントの一つだった。

resize0529_20161129183020b87.jpg
分解してAGNI-CCを搬入

resize0528_201611291830185a1.jpg
交換後、早速火入れして、取り扱い説明

搬入、組み立ての時にメンテナンス性の良さを実感してくれた。

火入れの際には、前の機種との違いにポイントを置いて説明をしたが、ベテランユーザーだけにすぐに理解してもらえた。

二台目の機種として、満足してもらえたのが実感できて、うれしかった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
この亀裂の原因は何が考えられますか?
2016/12/02(金) 21:55:59 | URL | おかただ #-[ 編集]
おかたださま:

色々考えられますが、原因を追究したところで、結果が変わるわけではないので、あまり深く突っ込まないようにしています。
2016/12/03(土) 04:20:30 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
触媒機は好環境と高燃費
ヒビは入ってやすが大事にキレイに使ってご立派すよね。稼働部分故障はお高くつきます
。米国製触媒薪ストーブ機の宿命かなー
2016/12/03(土) 11:33:04 | URL | ウッド #3BgiBkno[ 編集]
ウッドさま:

構造が複雑なので、無理はない側面もあると思います。それも含めて受け入れていけるかどうかですね。
2016/12/03(土) 22:08:20 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1616-d0d976be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック