春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブの快適な使用にあたっては、燃料である薪の搬入動線の検討も重要だ。理想は掃き出し窓から直接アクセスできる、雨や雪に当たらない屋根がついたところに最終薪棚があって、1週間分程度の薪を積んで取りに行けるのが良い。

メインの薪棚に2シーズン分を積んでおいたとしたら、それを自宅の敷地のすぐ薪ストーブの近くというのは、無理がある。それは、どこか他のところでも、1週間程度分のストックは身近な場所に欲しいところだ。

住宅設計の場合には、薪ストーブの機種の選定、炉台や炉壁の検討、煙突の配管経路などだけでなく、薪の搬入動線までしっかり検討しておこう。

薪ストーブをメインの暖房に使う場合は、大量の薪(重量、容積ともに)を運ぶことになるので、甘くみない方が良い。

resize0469_20161125100032c4e.jpg
掃き出し窓の上には下屋根があって、雨や雪でも濡れないで薪棚まで取りに行けるようにバージョンアップした

resize0468_2016112510003144e.jpg
窓ガラスの外には屋外用の外気温度計を貼り付けてある

resize0467_20161125100029ac7.jpg
薪ストーブを焚いていると、この外気温でもTシャツ一枚で薪を取りに行ける

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1611-52b2a38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック