春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
東京で雪が降った昨日は、世田谷区でペレットストーブの設置工事を行った。

ペレットストーブの場合は、薪ストーブと違って煙突の立ち上げが少なくて済むので、比較的工事は簡単だ。壁面貫通部分も直径160ミリの丸穴が開けられればOKなので、設置場所の制約が少ない。(薪ストーブの場合は450ミリ角の正方形の貫通部分が必要になる)

resize0461_20161124194841427.jpg
FLから129.5mmの高さところを芯にして、直径160mmの丸穴を開ける

resize0460_20161124194842b12.jpg
原寸大の型紙で排気管の経路を確認

resize0459_201611241948393a4.jpg
化粧板を取り付けてペレットストーブを繋げる状況になった(本体を繋ぐまで、冷気が入るのを防ぐためにプチプチを詰めておく)

resize0458_2016112419483742e.jpg
屋外側の煙突の立ち上がり部分

resize0457_20161124194836e5c.jpg
雪の中の作業だったけど、軒下で雪が当たらずに済んでラッキーだった

煙突の接続も、単純に純正のものをポン付けで使うのではなく、薪ストーブ設置のノウハウや材料を投入して、より良い施工を目指している。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1609-a48de81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック