春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
小田原で薪ストーブ設置工事をしたお土産に、アジの干物をいただいたので、薪ストーブの炉内の熾火で焼いて食した。

薪ストーブの炉内で魚を焼くのは超お勧めだ。ガスコンロでの調理とは違って、調理の後に掃除の必要もなく、焼いた後にガンガン薪を焚いてしまえば飛び散った油も焼け飛んでしまう。よく言われることだけど、煙も室内側には一切出てこない。味は言うまでもなく美味しい。五徳の上に金網を乗せて焼くだけだ。金網でサンドイッチして、二本のトングでひっくり返せば、皮が剥がれることもなく両面とも簡単に失敗なく焼ける。

resize0358_20161117191806c0a.jpg
お土産にいただいた小田原のアジの干物

resize0357_20161117191803b5c.jpg
熾火の炉内で焼く

ドブレ700SLの広い炉内に五徳を二つ、金網も二つ入れて、一気に同時5枚焼き。

resize0361_201611171918119ed.jpg
こんな感じの焼き具合

resize0360_20161117191809380.jpg
ビールと一緒にいただきます

resize0359_20161117191806f15.jpg
香ばしくプリプリの身が絶品

ピザなどのパーティ料理も良いけれども、こういう普段使いの、食卓のオカズ作成に毎日活用できるのも、薪ストーブの醍醐味だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1605-2e84394c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック