春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
千葉県館山市の新築住宅への煙突工事&薪ストーブ設置工事。

引き渡し直前の、壁面の漆喰塗りの室内足場のあるうちに、煙突工事だけでも先に済ませておきたかったのだけど、予定していた日に豪雨となってしまって工事不可能。引き渡し直前でタイトなスケジュールで予備日が全くなくて、結局、次に私が動ける日程は、室内足場が撤去の日だった。

それで、引き渡し後に施主さんが入居してからの工事となった。

「入居後にしばらくして落ち着いてからだろう」と考えていたら、すぐに施主さんから電話がかかってきて、「チムニーの仮蓋から雨漏れするから早く工事してくれ」ということだった。

現場に着くと、チムニーの天端にベニヤが一枚ビスで打ち付けてあるだけで、その他に上から防水シートなどで養生していない本当の「仮」で、雨漏れも無理もない状況だった。これだと、雨漏れするのも当然だ。

この時期、けっこう予定が立て込んでいて忙しいので、この一日で確実に終わらせたいので、お客様と事前に打ち合わせの上で、早朝6時から作業させてもらうことにした。作業は順調に進んで、夕方前には終えることができた。

工事終了後に、しっかりと時間をかけて取り扱い説明することができた。

resize0249.jpg
焚き付けの後、グリドルを300℃まで、しっかりと温度を上げて二次燃焼モードまで引っ張る

resize0252_20161110194630ab4.jpg
二次燃焼のオーロラ炎がとても綺麗なAGNI-CC

resize0251_20161110194629509.jpg
玄関土間に設置して使い勝手が良い

resize0250_20161110194626cf3.jpg
炎に見入る家族

resize0250_201611101951302e0.jpg
漆喰塗りの内装壁の和風住宅に調和しているAGNI-CC

吹き抜けの部屋の部分へ薪ストーブを設置しないで、敢えて煙突を折り曲げて土間に設置するプランだ。

煙突も薪ストーブも、日本製でオールジャパンの使用部材だ。品質、精度が高いので安心して作業できるだけでなく、長期に渡って安心して使ってもらえると思う。

resize0258_201611111340147f1.jpg
創業 西暦1560年の老舗の鋳物会社「岡本」が作る高品質の薪ストーブが家族を暖めてくれるだろ

設置の後に奥様から聞いた話では、あちこちの複数の薪ストーブ店を回って、最終的に、かわはら薪ストーブ本舗で決めたということだった。最初は他の機種を希望されていたが、ショールームで火が入っているのを見て気に入ったということだった。 家族の喜ぶ姿を見て、期待に添えるような良い仕事ができたと、うれしく思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1595-a35c7881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック