春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
以前にも、ちょこっと紹介したが、施主さんのお父様の手作りの「広い炉台」が、薪ストーブの到着を待っていた。
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1540.html


いよいよ、ここに薪ストーブを設置することになった。

resize0175_20161102060908d24.jpg
施主さんが一目ぼれしたアンコール30周年記念モデル

resize0176_2016110206090975a.jpg
耐震対策の一つとして、ゴムを脚に敷き込んだ

他にも、この記事では、詳細については触れないけど「かわはら式耐震煙突固定法」の採用により、全体重をかけて勢いをつけて押しても、足で思いっきり蹴っ飛ばしてもビクともしない、抜群の剛性感のある設置ができた。

作業中は指がグリスだらけになっているから撮影できなかったけど、メンテの時に取り外すボルトの焼き付き防止のために天板やエアィストリビューションのマニホールドなどを固定している炉内のボルトに耐熱グリスを塗布しておいた。また、二次燃焼室に導かれる空気の量のチューンナップも行うカスタマイズを施して煙を減らし効率良く燃焼させるようにした。(これらは、業務提携しているありがた屋さんからの情報提供によるものだ)

resize0179_20161102060913b7c.jpg
施主さんによる感動の初火入れ(マッチ一本で上から着火方式)

resize0178_2016110206091200c.jpg
順調に燃え広がって、家族、親戚一同が、薪ストーブの暖かさを体感していた

resize0177_20161102060911c9c.jpg
アクセサリー類も完備していて、薪ストーブ店のショールームのような雰囲気となった

設置後は、早速火入れをして、薪の追加投入を2回して、しっかり安定稼働するところまでレクチャーしてきた。薪の投入のタイミング、操作の仕方などダンパー内蔵式の触媒機ならではの使いこなしのコツがあるので、正しい使い方を最初にきちんと理解してもらうことが重要だと考えている。トータルで2-3時間はかけた。

今回の設置工事は、施主さんが私の作業中の写真を撮ってくれた。それらはこちらにアップした。普段は自分の作業中の写真というのは、自分ではなかなか撮影できないので貴重なものになった。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ゴム製の滑り止め
「家具やインテリア(ブラウン管テレビ)のような薪ストーブ」(2016/09/19記事)のコメントに私が書いたゴム製の滑り止め、ここでも採用されましたか(^^)。

繊細な外観の足を持つ機種にはふさわしい滑り止めですが、ハンターストーブやAgniなどには使えるのでしょうか???

2016/11/02(水) 21:24:21 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

薪ストーブの機種によって、ふさわしいサイズや形状は全て違うので一概に同じものは使えないですねぇ。
2016/11/03(木) 07:00:16 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1587-ff576603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック