春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
肌寒くなってきて薪ストーブが恋しくなってから、薪の配達や、煙突掃除、メンテナンスなどの依頼が舞い込んでくる。しかし、考えることは、皆同じなので、依頼が集中している。できるところから順番に対応していくので、かなり(1か月近く)待たせてしまうことになる。依頼いただいている方を忘れているわけではない。

resize1250_20161026172224bf1.jpg
低温で燻らせて酷使されて煤がつきまくっている

resize1249_20161026172220196.jpg
触媒も灰で詰まっている

resize1248_20161026172217e36.jpg
メンテナスしないとまともに燃えない状態

resize1251_2016102617222391f.jpg
薪の配達も順番にこなしている

resize1252_20161026172224d32.jpg
今シーズン分の薪を納品

シーズンオフの春から夏くらいにかけて依頼してくれれば、薪ストーブの使用とは関係なく動けるので、今の時期の依頼のように「寒くなってきたのに薪ストーブを焚けない」ということもないのだけど、その時期って薪ストーブのことを考える人が少ないから仕方ないのかもしれない。来シーズン寒くなったら、すぐに薪ストーブを焚きたい人は、春のうちに煙突掃除、メンテナンス、薪の配達の依頼をしてほしい。

寒くなってからの秋冬の依頼だと、予定が立て込んでので、特に土日祝日を指定された場合には1-2カ月待ちになることもある。そんな先の天候も読めないので、約束しても延期になることも、よくある。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1585-32d5623b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック