春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
岡山から富山へ移動して、早速薪ストーブの引き取りだ。お客様の軽トラを借りて、最寄りの西濃運輸の営業所に引き取りに行く。

このように最寄りの西濃運輸の営業所止めにして重量物である薪ストーブを送っておいて、軽トラックなどの平ボディのトラックで引き取りに行くとフォークリフトで積み込みしてもらえるので非常にスムーズで楽で合理的だ。

resize0097.jpg
一台目はドブレ640CBの積み込み

resize0096.jpg
二台目はドブレ760CBの積み込み

長距離の移動であれば重い760CBを先に積んでもらって軽い640CBを後に積んでもらい、なおかつ端っこではなく中央にと重量配分まで考えて積載するけど、今回は西濃運輸の営業所と現場は近かったので、あまり神経質にならずにサクっと済ませた。

当日は一日雨の予報が出ていたのでブルーシートを持参していたけど、降られずに済んでラッキーだった。「用意しておくと必要なくて、用意しないと必要になる」という法則が今回も当てはまった。

resize0095.jpg
輸送中のGで転倒しないようにロープで固定

たとえ距離が近くても、カーブの横Gで薪ストーブが転倒して荷台から落下したら大惨事になるので、甘く見ないで、安全対策はきちんと取る。


resize0098.jpg
国産、高木工業所製の煙突部材は、別便の直送で現場に事前に送っておいた

resize0120.jpg
手作りの料理と琥珀エビスで、暖かくおもてなしてもらって感動

resize0122_20161018215313909.jpg
私が岡山で工事を終えて富山に移動してからの夕食で「岡山づくり」の一番搾りが出てくるところも不思議な縁を感じる

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
重量オーバーですね(笑
2016/10/20(木) 12:42:31 | URL | #-[ 編集]
重量オーバー
法規的な事は別として・・・
以前、軽トラに薪にするため原木を積めるだけ積んで、50キロくらいの距離を普通に自宅に帰り、いったいどれくらいの重さがあるのだろう?と思い、全部の木の重さを正確に計ってみると、何と1650キロ積んでいました!
恐るべし、私のホンダアクティーです。
まあ農家の人に聞くと、米俵500~600キロは普段から積んでいるそうですが。でも制限の350キロを守って安全運転でいきましょう。
2016/10/20(木) 13:36:39 | URL | ブログ読者のN #-[ 編集]
ブログ読者のNさま:

薪の重さは半端ではないですよね。この施主さんも普段の薪集めに軽トラを使っているそうですが、それより軽く感じると言ってました。
2016/10/20(木) 18:09:32 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1573-b94ceb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック