春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
一つの現場だけだったら、軽バンに「薪ストーブ本体」「煙突部材一式」「工具」をギリギリで載せることができる。

今回は岡山、富山2件、栃木と、遠隔地での工事を合計4件の設置工事を、たて続けに移動行脚しながら行うので、物理的に全部の資材を軽バンに積むことはできない。

こういう場合は事前、軽量の煙突部材は現場に直送にして、重量物の薪ストーブ本体は最寄りの運送会社の営業所止め置きにして、工事の直前に軽トラで引き取りに行く。

そうすれば、車に材料は積まず、工具だけ積んで、複数の現場をこなしながら巡回していける。

resize0070_201610152227537d9.jpg
軽トラックで引き取りに行けば、重量物の薪ストーブも、フォークリフトでサクっと積んでもらえる

resize0068_20161015222750e74.jpg
走行中に転倒して破損するリスクを低減するためにきっちりと縛る

resize0069_2016101522275286d.jpg
現場に到着

resize0066.jpg
開梱してパーツをバラして軽量化してから搬入する

resize0067_20161015222748b96.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1570-94f41146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック